口の中でとろけるような味わい

米沢牛を食べたことも多いと思いますが、米沢牛というのはいわゆる高級肉の1つになります。

その特徴といえばやはり口の中でとろけるような味わいでしょう。

黄木」のような、米沢牛を取り扱っているお店で購入ができるのですが、その調理の仕方などをしっかりと知っていなければおいしく召し上がることも難しくなってきてしまいます。

せっかくの米沢牛が、焼き方一つでおいしくなったりまずくなったりしてしまうのです。

ではどのようにして作っておくのがいいのでしょうか。

まずは、下ごしらえが肝心です。

これを多くの人は忘れてしまいがちになってしまうのですが、じつはここがとても重要なポイントなのです。

米沢牛などの牛というのはまずは焼く前に味を付けておくことが大切です。

焼いた後に味を付けても、しょっぱくなってしまったりだとか、その調味料の味しかしないことも少なくありません。

ですから、まずは焼く前に塩コショウをしておくことによって、その塩コショウが米沢牛の中の成分といい反応を起こしてよりおいしい味を引き出してくれるようになるのです。

そして、塩やコショウにもちょっと工夫をこらえるともっとおいしいステーキを焼くことができます。

まずは、塩は普通の塩よりも岩塩を選ぶようにしましょう。

そしてコショウは普通のコショウでなく、黒コショウを使うとよいでしょう。